オーストラリア生活

オーストラリア留学中に現地で友達を増やす5つの方法

 

オーストラリアに来る多くの留学生やワーキングホリデーの人が、日本にいる家族や友人と離れて一人でこの地にやってきます。最初は期待もあれば不安もたくさんあると思います。

見知らぬ土地で生活をしていくには、周りの協力は不可欠です。また、気が合う友人に巡りあえるかどうかは、海外生活の充実度や楽しさにも深く関わってきますよね。

 

この記事では、初めて海外で長期滞在をする方たちに向けて、どのような場所で海外の友人、日本の友人、オージーに出会えるのか、どのようにしてオーストラリアで交友関係を広げていけばよいのかについて、私の体験も交えながら書いていきたいと思います。

 

私自身、渡豪当初は自分の居場所を見つけるのに時間がかかりました。それは、英語を伸ばしたいという思いが強すぎて、自分の中で日本人とはあまり話さないようにするというルールを決めていたからです。

英語を伸ばすために日本語を話す機会を減らさなければいけない、そのためには日本人とは仲良くならないほうがよいと考えていました。そのため最初の数週間はかなり孤独な日々を送っていました。

 

そんな私が、その後どのようにして友達を作りオーストラリア生活を充実させていったのか、自身の経験をもとにしながら、5つの方法について書いていきたいと思います。

 

 

1) 学校へ通う

学生ビザの方は当然学校に通うことになりますが、ワーキングホリデーの方は個人の選択になるので、学校に行く人もいれば、行かない人もいます。

しかし個人的には、友達づくりのために数ヶ月だけでも語学学校に通うことをおすすめします。(特に英語が話せない方)

 

語学学校に行くと、自分で交友関係を広げる努力をしなくても、クラスには大勢の仲間がいます。もちろん日本人だけでなく、他のアジア圏の人や、ヨーロッパ人、南米の人など、様々な国から来た人に出会うことができます。

 

また、語学学校では英語のレベルによってクラス分けされるので、クラスのみんなは自分と同じ程度の英語が話せるということになります。特に背伸びをしたり緊張したりせず、同じ目線で話せる仲間ができるので、仲良くなりやすく、学校で出会った友達の存在は心強いと思います。当然、英語の授業を受けて英語の上達にもつながるので、一石二鳥ですね。

 

英語が中上級程度話せるという方は、学校にいかなくても自力で人脈を広げていくことができるかもしれませんが、英語力が初中級の人は学校に行かないと外国人の友達を作るのは少しハードルが高いでしょう。

 

2) 職場で出会う

渡豪してこちらの生活に慣れてくると、仕事を始める方がほとんどかと思います。シドニーやメルボルンなどの都会では、レストランなどの飲食関係でアルバイトをする人が多いと思いますが、どのような職場にしろ、一緒に働くスタッフとの仲は深まること間違いなしです。

 

働いていて大変なことも嬉しいことも共有し、理解しあえるので、共通の話題ができる分とても仲良くなりやすいと思います。特に最初の頃は日本食レストランなどの日系の職場で働く人が多いかと思いますが、海外で暮らす上で、同じ母国からきた友人と出会うのもとても素敵なことだと個人的には思います。

やはり外国人とは第二言語の英語で話すので、完璧には理解しあえず、ストレスに感じることもあります。そんなときに同じ言葉を話す日本の友人がいることは心の支えになることでしょう。

 

もちろんすぐにローカルレストランでの仕事がゲットできる人はそれに越したことはありません。職場が完全英語環境というのは英語力を伸ばす絶好のチャンスでもあり、海外やオーストラリア現地の友人をつくる場にもなります。

 

ぜひ、オーストラリアでは、勉強だけでなく仕事にも前向きにトライしていただければと思います。

 

3) シェアハウスに住む

個人的にとてもおすすめの人脈つくりの方法は、シェアハウスに住むことです。特にシェアハウスに住むことで、海外の友人とたくさん出会うことができます。

 

私は渡豪当初から、シェアハウスは必ず多国籍なところを選ぶようにしています。(理想は日本人が一人もいないシェアハウスです。)

なぜなら、学校や職場は自分の英語のレベルが伴っていないと理想のところに属することはできません。たとえば学校では、自分の英語力が低ければ下のクラスに入ることになり、クラスにも多くの日本人やアジア人がいます。職場も英語が話せなければ日本食レストラン以外の選択肢を選ぶことは難しく、日本人と一緒に働くことになります。

しかし、シェアハウスはどんなに英語力が低くても、自分で選ぶことができます。したがって、私はシェアハウスを探すときには必ず国籍比率を確認し、英語上達のためにも、ヨーロッパ人やオージーがいる家に住むようにしていました。

 

やはり日本人と住む方が文化も理解しあえるのでトラブルは少ないかもしれませんが、せっかくの海外生活なので、外国人と一緒に住んでみるのを私はおススメしたいです。

 

過去にシェアハウスに関する記事を書いているので参考にしてみてください。

 

 

4) Meet Upに参加する

Meet upは、オンライン上でイベントの参加者を募集し、実際に参加したい人が集まってそのイベントを開催するというような仕組みになっています。

たとえば、「〇月〇日の18時から○○レストランで飲み会をします!国籍自由、年齢自由」などの募集があり、そこに参加したければ行く、というとてもシンプルなシステムです。(イベントによっては出席の旨を事前に伝えなければいけない場合もあります)

 

中には、日本語を話したい外国人と、英語を話したい日本人の交流、言語交換目的のMeet upなんかもありますので、英語を話す外国人の友達を作りたい場合にはもってこいのイベントです。他にも、「みんなで日曜の朝に公園でヨガをする」や、「○○料理をつくってみよう」など、いろんなイベントがあります。

ぜひ興味のある方は、インターネット上でご自身のエリアで行われているMeet upイベントをチェックして、積極的に参加してみてくださいね。

 

5) Facebookを活用する

最近の日本の大学生はあまりFacebookを使わないと聞きますが、海外では今もFacebookを頻繁に使う傾向にあります。
オーストラリアへ留学やワーキングホリデーで来る際には、ぜひ情報収集のためにもFacebookを登録するのをおすすめします。

 

Facebookでは、友達の投稿を見るだけでなく、様々なグループに参加することができます。たとえば、オーストラリアにいる日本人のグループや、ワーキングホリデーの人向けのグループ、シドニーやメルボルン、ケアンズなど都市別のグループ、など様々です。

 

もちろん日本人向けのグループもあれば、外国人が運営しているグループもたくさんあります。

そこでは、ためになる現地の情報が共有されていたり、イベントやサークル活動、パーティーなどの人集めをしていたり、求人情報やシェアメイトの募集、観光情報など本当に様々な投稿が毎日行き交っています。

私もFacebookの日本人コミュニティーの中で出会った人たちとオーストラリアのラウンドをしたり、外国人向けのコミュニティーで案内されているイベントなどにも参加して友達をつくったりしました。

 

Facebookはうまく活用すればたくさんの人と出会えるきっかけになりますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

Water, Beach, Sea, Summer, Ocean, Bikini, Vacation

 

以上5つの方法を紹介させていただきました。

 

他にも日常生活の中の様々なタイミングでいろんな人に出会うことができます。オーストラリアは日本よりももっとフレンドリーで気さくな文化なので、自分次第でどんどん交友関係を広げていくことができます。

 

上記にあげた5つはとても代表的なものですが、だからこそ誰にでもすぐに始められる友達づくりの方法です。ぜひ、オーストラリアでは、オージー、外国人、日本人問わずいろんな人と出会い、楽しい海外生活を送っていただければと思います!

 

大阪生まれ大阪育ち。新卒で入社した某商社にて約3年間東京勤務。その後フィリピン留学を経て、オーストラリア移住。それまでに海外20カ国を旅する。趣味は旅行と音楽(主に楽器を弾くこと)。 このブログでは、海外生活や旅行に関する記事を中心に執筆しています。